なんでもコンクール

音楽を聴く以外に趣味をなくした社会人が好きな音楽についてゆるーく書きます。たまにハロオタ twitter:@EXP_EMOZO

エルレ復活したし、そろそろ好きな曲5曲 第一弾

5月10日、ELLEGARDENが復活した。

とにかく驚いたがエルレへの僕の熱い思いの丈はツイッター等で散々吐きだしたので今回は割愛させて頂く。

 

ネット上は大騒ぎだったがエルレガーデンを知らない or 1曲だけ知ってる…という人がもしかしたらこれから復活に向けて色んな曲を聴いてハマるっていうこともあるかもしれない…

そこでお勧めの曲を…と思ったがもうやってる人がたくさんいたのでググったらいいと思う。

今回は僕個人が好きな曲や良い曲なんだけどあんまり話題に上がって無い曲を10曲ほど挙げていこうと思う。書きながら決めてるんでベタな曲も結構入ると思う。知っとるわ!!ってなったらごめんなさい。

 

1,「Cakes And Ale and Everlasting Laugh」


ELLEGARDEN ~Cakes And Ale And Everlasting Laugh~ live ver.

 

ジターバグのカップリング曲である。

曲調はポップパンクの王道,theエルレと言った感じだ。

 

僕はこの曲を初め、細美武士が書く孤独、あるいは自信の無い人間の心に寄り添う歌詞が好きである。

 

Day by day

Things are all messed up

All we need is cakes and ale and everlasting laugh

~~

Smash the radio

Hey girl let's smash the radio

 

日々に変化があまり無かった中高生の頃よりも歌詞がシンプルに沁みるようになった。

ラジオの部分は他人、あるいは親の意見や世間的な風潮と置き換えても同じかもしれない。

 

今後の人生、卒業後の進路何でもいいが岐路に立った時に方向を決めるのは自分である。当然友人や親のアドバイスを受けて決めるのもそれはそれで正解かもしれないが自分が明るく生きれる道が一番正解なのかもしれないと考えさせられる歌詞だ。

パンクバンドらしく自由を歌った曲でした。曲調も相まってシンプルな歌詞だが刺さる。

 

2,「Dancing in a circle」


ELLEGARDEN - Dancing In A Circle

 

2ndアルバム「BRING YOUR BOARD!!」より

この曲に関しては完全に曲調で決めた。イントロの溜まっていくビートの上に乗るギターが洋楽っぽくて好き。

邦楽のキャッチーさとは逆に延々と同じリズムでノれる。こういう曲は普段聴くのに疲れないしcoolなのだ。

coolな曲かと思いきや歌詞は思いっきりゲキアツな友情の話。こういうギャップがあるから若者は細美武士に惹かれるのだろう… エルレ復活後に聴くとクるものがあるな…

 

3,「Marry Me」


ELLEGARDEN - Marry Me 中文字幕&English sub

 4thアルバム「RIOT ON THE GRILL」収録

日本よ、これがエモだ

 

いやほんとに。エモ(広義的な意味で)とはすなわちギャップにあるとおもう。曲調然り、感情然り…変化が強烈な感動を生むのである。

まず歌詞。曲名の通り好きだった女の子の結婚式にいる男が主人公である。

1番2番サビ共に僕が~だったら…といった風に漠然と好きだったなぁ…と淡々と語り続けているイメージである。

そこからの…

Maybe not She don't remember me

Maybe not She don't know how I feel

Maybe not She don't even know my last name

どうしようもない感情爆発させてますよね。

「どうせ俺の事なんて覚えてねーんだろーな!!(怒り)」

Cメロ、エモい進行に変化…であっついギターソロ。もう120点です。

 

いや、この主人公本当にどうしようもない事柄にぶち当たってるわけですよ。

2番の歌詞…

You're an idol in high school He was a quarter back

He has sold me a photocopy of your photograph

 

そう、結婚相手は人気者なんです。わかりますか皆さんこの気持ち?

主人公の男は結婚相手の男が相当気に食わなくてしょうがないんでしょうね。でなきゃ「彼は君の写真を僕に売ったこともあったのに」「来世でそいつと結婚しないでくれ」なんて言わないね。

 

要するに今風に言うと陰キャの歌詞なんですよ。このイケイケな曲で。細見武士は何で僕たちの気持ちが分かるんや…

 

メジャー進行もいいよね。メインのアルペジオが結婚式のバージンロードっぽい。

 

4,「the autumn song」


Ellegarden - The Autumn Song (中文字幕)

 missingカップリング曲

 

はい、みんな大好きオータムソング。

個人的にこの曲の歌詞の共感度は相当に高いかもしれない。

 

皆さんこんな経験ないですか?友達と飲み会とかするんだけど自分の中にだけある悩みのような心に引っ掛かった葛藤が勝手に疎外感を生みだす現象。

僕すごいあるんですよね。最近は少ないけど。

 

It looks like things are going right

But I feel I'm all alone

 

明るく見える人も実はそうなのかもしれない。気づくのは難しいけどたくさんいるはず。

 

5,「Marie」


ELLEGARDEN - Marie

5thアルバム「ELEVEN FIRE CRACKERS」収録

 

当時の背景もあって思い出深い一曲

エルレガーデンはこのアルバムをリリースしてから程なく活動休止をしてしまった。当時ショックを受ける中アルバムの最期のこの曲を聴いたときにエンディング感が強くて

「もうエルレは戻って来ないのかな…」

とか思ってしまったものである。完全に思い出補正で好きですね。いい曲だね。

 

You changed my world

Don't go away like this

 

歌詞も深読みして「この歌詞の彼女は細美さん以外のメンバーに宛てたのかな…」とか。

復活してくれて10年越しに安心しました。 ありがとうって感じ。

 

 

今回はここまで。

僕が好きな1stの曲とかの話はまたしばらくしたら書きます。これでもかなり文字減らしたけど…(marry meだけ長い笑)読んでくれたらうれしいです。