なんでもコンクール

音楽を聴く以外に趣味をなくした社会人が好きな音楽についてゆるーく書きます。たまにハロオタ twitter:@EXP_EMOZO

もうすぐ令和だし僕が聴いてきた平成のオタクソングを振り返ってみる~前半~

タイトル通り。youtubeで平成のアニメソング大賞なる楽しそうな企画があったので便乗してやってみようと思ったが…順位をつけるなんて酷すぎる作業なので自分の好きな曲をダラダラ振り返っていくだけの記事にします。

ていうか、新元号「令和」に決まりましたね。令の響きがかっこよくて僕は結構気に入ってます。

 

 

ALI PROJECT

-「聖少女領域

ローゼンメイデンが流行ってたのってもう10年以上前らしいですよ知ってました?そりゃ平成も終わるわ!

20代後半でアリプロめっちゃ好きだったっていう女子は結構いそう。ゴシックな音楽って結構アンダーグラウンドでマイナー扱いされがちだけどアリプロは結構切り開いていった印象。さすがというべきか。

口ずさんでみるとよくわかるけどめちゃくちゃリズム取るの難しいし難曲。オタクはカラオケがんばって。

https://www.youtube.com/watch?v=8zp2fMmN730


EGOIST
-「The Everlasting Guilty Crown

正直、ギルクラは好きだけど終盤の駆け足っぷりは惜しいなって思うしモヤモヤする部分もある。ただchellyというボーカリストを世に送り出したEGOISTの存在で完全にチャラどころかおつりがくると思う。声質、いいよね。

打ち込みサウンドディストーションギターって鉄板と言えば鉄板だけどノイタミナ特有の近未来日本感に物すごくマッチングしている。かっこいい。

https://www.youtube.com/watch?v=vNuN8xH3X74

 

-「英雄 運命の詩

仰々しさの極致。この高低差が凄まじくて言葉の強い曲を歌うのは相当なプレッシャーだっただろう。

この余裕のない必死さが伝わる歌唱にグッとくる。

https://www.youtube.com/watch?v=xAh63B2iXIE


-「Fallen」

 ダブステップ+Djent的な。どちらも低音が聞いていてリズムが特徴的なジャンルではあるがEDMとヘヴィなギターって結構相性いいんですよね。

極端な例だとKORNの「path of totality」ってアルバムがまさにジャンルの融合って感じのアルバムなんですけど何せ邪悪。ほんと邪悪。もう暴力。

シリアスさを出すにはばっちり!サイコパスのEDにピッタリですね。

 

 

※ここからURL貼るのめんどくさくなったので各自検索してください。

 

fripSide
-「LEVEL5-judgelight-

散々オタクが語りつくしてるであろう曲ではあるけど僕の中では「fripSide=熱いギター」なんです。

ピコピコしててavex的な雰囲気あるけどavexじゃないしメンバーにギターがいるわけじゃないけどギターサウンドを押し出した曲が案外多い。ギターサウンドっていうかa2cのソロがやばい。もうそれしか言えない。

too fatなサウンドから繰り返されるテクニカルなフレーズにアウトロの熱いメロディ…100点!

 

-「Red "reduction division"」

fripSideって一回ボーカル変わってるんですよね。ちょっと古参っぽい言い方で嫌だけど。

naoのほうがアングラ感…もといエロゲソング感強くて何とも言えない耽美さが。ナンジョルノも好きだけど。ガチャついたミックスの感じが逆にチープさというかマイナー感が強くて好きな曲。

最近セルフカバーされましたね。


-「HesitationSnow」

何が好きってギターのアプローチが昔のB'zっぽいんです。美味しいフレーズだけひょっこり出てくる感じが。

で、この曲のギターソロの入りも結構熱くて「お?a2cか?」って思ったら全然別のギタリストでした。誰だったっけな…

でもa2c本人も演奏してて肌に合うといってたのでまぁ。(http://d.hatena.ne.jp/mellowjamstudio/20150308

 

 

Girls dead monster
-「Run with the wolves」

Angel Beats!内に登場する架空のバンドなのだがLiSA本人がバンド上がりということもあり全く違和感のない楽曲揃いなアルバム「Keep The Beats」から一曲。

リードの弾きっぱなし加減にこの疾走感が気持ちいい。

っていうかどの曲を切り取っても音がファジーでかっこよすぎる!光収容おそるべし

 


JAM Project
-「SKILL」

語るのすらおこがましい…アニソンシンガー界の神々による王道ロボットソングである。

どこがどういいのかというと最初から最後まで歌唱力に圧倒…まさに「SKILL」に脳を揺さぶられる迫力…

高校時代によく友達と歌ってました。思い出深い。


Kalafina
-「傷跡」

梶浦由記といえばkalafinaは外せないところ。

空の境界の主題歌のために結成されただけあって作品の雰囲気を作ってるのは7章までの楽曲群によるところが大きい。

甲乙つけがたいのだが個人的に好きな3章「痛覚残留」のOPであるこの曲をチョイス。イントロのネジ切れたような音がいい味出してる。

FGO勢はFateまでたどり着いたのなら空の境界も見てほしいという個人的な願いもあったり…

 

-「heavenly blue」

OP映像と合わせて好きな曲。

映像が綺麗すぎて曲が良く聴こえて、曲がいいので映像も感動的に見えた…っていうアニソンとしては理想的な曲だと思う。ハモりぱねえ。

 


KOTOKO
-「Face of fact」

※鳥肌注意とはこのこと。

馬鹿みたいに長いイントロ、サイバー感漂う打ち込み、ボーカルエフェクト…これぞThe I'veサウンドといった感じの曲。

BALDR FORCEもこれまた面白いんですよねー。今のPCでやろうとすると16bitの粗い感じになっちゃうけどお暇な人はぜひ。

あと、片霧烈火によるカバーも好き。ライブ版でギターが入ってるやつ。

知ってる人は多分僕と仲良くなれると思うのでご一報。

 

-「jihad」

作中での曲の使われ方が上手すぎた。

BALDR SKYを最後までプレイした人にしかわからない感動…なんも言えねえ。

…ブログでなんも言えねえとか言っちゃったよとうとう。

 

-「Re-sublimity

イントロなげーなとは思っていたけど1分20秒もあるのかよ。笑う。

現代的な曲ながら歌詞は全編日本語で構成されていて結構古風。作品に合わせてるのかな…?

サビのリズム感の良さが癖になる。


Lia
-「時を刻む唄

サビの開放感が強い泣きの名曲。

拍がとりずらい曲のはずなのにキャッチーな仕上がり。ぷろってすごい。

余談だけど数年前にクラナド見返したらボロ泣き。懐かしさ補正もあるけど作品がいいから曲が光るんだなぁと。 


-「鳥の詩

僕が振り返るまでもない。

あの頃のインターネットはなんであんなに楽しかったんだろうか。思春期っていうのは尊いものですね。

 

 

 

 

だんだんコメントが雑になってきたことに皆さんはお気づきでしたか?

流石に長くなったので区切ります。後半へ続く…(平成のうちには書こうと思います)

 

 



トチ狂った凛として時雨「Fall of Troy」

気が向くと毎日書けるけど、気を抜くと一か月半も更新が滞ってしまうブログですが…

何卒宜しくお願い致します。

 

時雨のファン層がページを開いてくれるんじゃないかとタイトルに時雨を入れてみましたが共通点は「バカテク」「3ピース」くらいで…こちらの345は黒人であるごめんなさい殴らないで。

 

言いたいことは「頭がおかしい」それだけ。

一曲聴いたら伝わってしまうのでこのブログ書く必要あるのかなと、今エディタを閉じそうになってしまったが早速聴いてみよう。

 

続きを読む

邦ロック界におけるLUNA SEAのヤバさ #LUNASEA #邦ロック #SLAVE

邦ロック界の王御所中の王御所。今更僕がブログで紹介しようがしまいがファンは沢山いるし何の影響もないかもしれないが…

じゃあなんで書いてるのかって?今のロックバンドが好きな若い子にこそ是非聞いて欲しいんですよね。多分10代とか20代前半の人は全然聞いたことないし、バンド名すら知らないなんて人もいるんじゃないだろうか。

邦ロックに一番影響を与えたのはこのバンドなんじゃないかと僕は思っている。ロックファンならば好き嫌いに関わらず教養として聞いておくべきでは?と…

 

続きを読む

BRING ME THE HORIZON「amo」レビュー #BMTH #ラウド #EDM #洋楽 #音楽

B以前もブログで触れたので参考に。

vai3042.hatenablog.com

 

 

待ちに待ったリリースから2週間。

他にも色々聴いてて時間がなかったけど、とりあえず三周目を聴いている所です。相も変わらず衝撃的作品っていう巷の感想。世界中で話題になってるようで…

 

youtubeで全曲聴けます。まさかの公式!

www.youtube.com

その他サブスク(Spotify,apple music)

open.spotify.com

Bring Me The Horizonの「amo」をApple Musicで

それでは…

 

 

 

続きを読む

BAND-MAIDがイメージと違って硬派だった件

最近アクセス数が増えてきた。ありがとうございます。

 

絶賛女性ボーカルバンドにドハマリ中で登録したばっかりのspotifyで色々探している。spotifyのラジオ機能は神。そんな中でも結構グッとくるバンドがあったのでその中の一つを紹介しようと思う。

BAND-MAID

である。今更?って感じもするけど当方、田舎在住でして…流行が5年遅れてくるのです。

 

続きを読む

TEARS OF TRAGEDYに結構衝撃を受けた話 #邦楽 #邦メタル #tearsoftragedy

歳をとってくると新鮮だって思える音楽に巡り合うのがどんどん難しくなってくる。特に特定のジャンルを何年も何年も掘り続けていると猶更だ。

EDMとかヒップホップとかはまだまだ進化の余地ありそうだし今まであり得なかったようなジャンルが生まれる雰囲気があるけどバンドって結構その辺の余地がなくなってきている気がしていて…

 

特に僕が好きなヘヴィメタルというのは正直マンネリ化が激しい。今に限ったわけではなくてもうずっと昔から。

テクニックが要求されるジャンルであり、かつ曲もカッチリと構成されたものが多くて弄るのが難しいジャンルではあると思う。そんなマンネリの中でもここ十数年、ジャンルで言えばメタルコアとかDjentとか…最近だとBABYMETALとか頑張っているグループもあるといえばある。

 

別に斬新さが無いから悪ということを言いたいわけではなく、心に刺されば良いのだが如何せん新しいバンドを探そうとしても「はいはいまたこの感じね」ってなることが本当に多い。心に刺さっても衝撃を受けることがないのだ。

 

 

…で、タイトルの話になるのだがTEARS OF TRAGEDYというバンドに久々に衝撃を受けた。どんなバンドか簡単にまとめると、

・クサメロ

・ドコドコしてる

・シンフォニック

ここまではメロディックスピードメタルの基本要素であり斬新でも何でもないのだが、Vo.HARUKAの声質がメタルというジャンルの中ではとにかく異質なのだ。

 

続きを読む

「VORVADOS」(SYU from GALNERYUS) レビュー #VORVADOS #SYU #GALNERYUS #邦メタル

ギターヒーロー”が現れにくくなった現代の音楽シーンにおいて第一線で活躍し続けているGALNERYUSのSYUが3rdソロアルバム「VORVADOS」をリリースした。僕にとっての神様である。

 

 

今回はタイトル通りアルバムのレビューを。

本人がインタビューで言ってたけどバンドメンバーのソロアルバムって舐められがち…というかそこまでチェックしない人が多かったりして日の目を浴びにくいのが現実だと思う。ボーカルならまだしもギタリストのソロまで追っている人は相当好きなんだろうなと。

それでもSYUはメタル界隈ではかなり人気があるし話題にはなっているほうだとは思う…がもっと注目を浴びるべきだと思うので愛をこめて感想を綴っていく。

 

続きを読む