なんでもコンクール

音楽を聴く以外に趣味をなくした社会人が好きな音楽についてゆるーく書きます。たまにハロオタ twitter:@EXP_EMOZO

2018年のハロプロ楽曲は豊作だった話を2019年にする #ハロプロ楽曲大賞 #ハロプロ楽曲大賞2018 

あけましておめでとうございます。今年もダラダラと続けていくので当ブログをよろしくお願いします。

 

あっという間に2018年は終了し、モーニング娘。は’19になった。

オーディションあるみたいですね。9期10期メンが続々卒業し初めているのでいよいよ若いメンバーが中核になる時が来ている。期待してます。

www.youtube.com

 

と、ついでにオーデの宣伝をしたところでタイトル通り、去年のハロプロ楽曲について軽く振り返っていこうと思う。ファンの方には今更説明する必要はないと思うが万が一ハロープロジェクトを全く知らないという方が読んでいるときのために”ハロプロ楽曲大賞”について超簡単に説明しておこう。

 

ハロプロ楽曲大賞”とは…

  • ハロー!プロジェクトハロプロ)関連の歌手(個人、グループ、ユニット等、卒業メンバー含む)が1年間に発表した曲やビデオクリップをみんなで順位付けして楽しもうという、事務所非公認の催し。
  • 投票は主催者のウェブサイトの投稿フォームから行う。投票結果と投票者コメントは同ウェブサイトにて公開される。
  • 投票結果はイベントにて先行発表される(有料)。
  • ハロプロのファンは、他のアイドルファンよりも音楽に対する造詣の深い者が多いといわれており、投票する際に添えられる参加者のコメントのなかには商業的な音楽評論家に匹敵する優れたものも多い。
  • 加えて、その年ごとのハロプロの楽曲の傾向や変遷、メンバーの人気の度合いなどをふりかえることができる。いわばファンサイドによる「ハロプロ史実」としても、非常に価値の高いものであるといえよう。

(引用:

ハロプロ楽曲大賞とは - はてなキーワード

 

ちなみに去年で17年目という歴史を誇るイベントだったり…

要するにファンが集まって今年一番良かった曲を決めようってことなのだが非公式にしてはかなり本機なイベントで、結構ガチで曲の良さ勝負みたいなところがある。

シングルだからと言って上位に確実に入るわけでもないし、アルバム曲がトップ5に入ったりすることも普通にあったりするのだ。

 

 

で、今年でハロオタ歴4年目になる僕も毎年楽しみにしてたりするのだが今年は大いに荒れた。良い曲が多すぎたのだ。

そんなわけで僕も投票にかなり迷いに迷って迷いまくったわけだが予想は全然当たらず… 

 

 

…というわけで発散する場所がないのでここで僕が投票した曲の投票コメント(1位~5位)、並びに5位以下…10位くらい(?)までの曲を紹介しようと思う。

 

まず、投票した曲とコメント(原文ママ

・1位「自由な国だから」モーニング娘。'18

www.youtube.com

 
ここ最近のEDM曲はスタイリッシュになってきて且つ、つんく…並びに大久保薫平田祥一郎らアレンジャー陣の個性的な曲構成が加わりありがちなEDM曲と一線を画しているように思える。

この曲に関しては歌いだしと間奏後が凄まじい。曲を聴き進めると分かるのだが落ちサビをイントロ、1番、そして本来のセオリーである間奏明けと三か所に持ってくるのだ。違和感なく聴いていたが他に思いつく曲がない。
これが逆にフックとなり最後の畳みかけが凄まじい。落ちサビ→サビ→転調ラスサビという構成はよくある曲構成だがこの曲はさらにもう一回転調する。はっきり言って過剰だ。

思うに「過去に戻らない」「進むしかない」「制服」といった束縛からの解放をテーマにした楽曲だからこそ曲構成も最後はただただ前に進んでいく展開にしているのではと…


そしてこの壮大なテーマを歌いこなすメンバー、そして卒業するはるなんに賛辞を。

※どの楽曲もそうだが…本当に音がいい。ヘッドホンかイヤホンで聞いてほしい。

 

 

・2位「46億年LOVE」アンジュルム

www.youtube.com


作曲:林田健司 編曲:鈴木俊介 作詞:児玉雨子という最強の布陣でリリース前から話題になってましたね。つんくの作る独創的な曲に対し、頭を思いっきりぶん殴るような正統派ファンクであり、天邪鬼な音楽好きでも黙って聴くしかないような完成度に脱帽。

と、いう感想なのですが児玉雨子氏の歌詞がすごい。すでに検索をかけると様々な考察があるのですが結局のところ
「もしも争いのない未来
誰かが堪えてたら意味ない

…伝えたいのはこれじゃないかと。
アンジュルム、そしてハロープロジェクトが好きな理由は一貫して聴き手に対しての愛、ラブ&ピースを”真剣に”訴え続けているのだと再認識しました。本気で伝えてようとしているから私たちは感動することができ、説得力のあるスキル…習得するまでの努力、そこにも我々は魅せられているのだと。

※歌詞について書いた記事アリ。

vai3042.hatenablog.com

 

 

 

・3位 「Style of my love」モーニング娘。'17 [飯窪春菜小田さくら牧野真莉愛]

www.youtube.com


Thank you,too⑮が名曲多すぎて絞るの苦労しましたが一番再生数が多いこの曲を選択。
小田ちゃんには良い意味で驚かず「今回もすごいな…」って感じなんですけど…はるなんとまりあという組み合わせは1年前かなり驚いていた記憶があります。そしてこの二人のスキルの伸び具合にも。
歌が上手い先輩や同期、後輩がいる中でそこに負けないように努力する彼女たちのひたむきさ。そして、努力というきれいごとで終わらせずにきっちり歌という形で結果を残すメンバーたちを心の底から尊敬します。
…楽曲のコメントを忘れるところでしたがここ最近大久保薫氏のアレンジが更に進化したように思えます。(元々すごい人ですが…笑)
特にビートの音へのこだわりを感じます。バックトラックがスタイリッシュになったことで更にソリッドに、かっこよくなったと感じます。ダイナミクスがはっきりして前よりも圧があるのではないでしょうか。

 

 

 

 

・4位「禁断少女」Juice=Juice

www.youtube.com


ここ最近のJJは何かと挑戦を続けている印象でシングル楽曲でも様々な顔を見せてくれました。
特に歌唱力の暴力というか…とにかく強さを感じさせる曲が多く、(もうちょっと愛愛傘のようなブリティッシュな歌謡っぽいのが聞きたいなぁ…)と思っていたので今回のアルバム曲には安堵を覚えました。
この曲はDメロの宮本佳林ちゃん…ここに尽きると思います。彼女の繊細な歌はこういった美しいメロディにピッタリですね。最初に聞いたときに泣きそうになりました。

それにしても作曲の大橋莉子さんってまだ22歳なんですね…末恐ろしい。

 

 

・5位「TOKYO グライダー」Juice=Juice

www.youtube.com


ファンクが好きなハロプロファンなら嫌いな人いないだろう…って思います。曲自体のグルーヴ、そしてメンバーたちの歌唱の跳ね方がもうアイドルのそれを遥かに超えてしまったと感じました。最近の植村あかりちゃんは菅井氏が言った通りちゃんと歌えてますね…歌えているっていうか凄い上手い…
編曲は東京女子流で有名な松井寛氏なのですが…ピッタリでしたね。このグルーヴを打ち込みで作るのは変態すぎる(称賛)

 ※ちなみに母がこの曲大好きです。

 

 とりあえず5位まではこんな感じだ。

次は投票はしなかったが個人的上位の楽曲を紹介する。

 

・「春恋歌」つばきファクトリー

www.youtube.com

 

”ライムスター”宇多丸氏も絶賛のこの曲。

つばきファクトリーは正直どの曲も一撃必殺級の曲が多くて選びきれなかったので投票しづらかったのもある。今なら2位くらいに入れてる。

 

イントロのギターの音でもうすべてを蹴散らしている。さすがは鈴木俊介氏の編曲…無駄な音がなく聴きやすい。

スタッカート気味の楽曲は何気にあんまりなかった気がする。こういった和のテイストの強い曲は一歩間違えると古臭くなってしまいがちだがつばきのフレッシュさは損なわれていない。つばきファクトリーのイメージピッタリすぎる。

 

何故この曲が心に刺さるのか。良くも悪くも今はEDMがポップミュージックの主流であり、ビート命みたいな雰囲気がある。それはそれでかっこいいのかもしれないが今の20代後半以上の世代に刺さるのはこういう生っぽいアレンジの曲だったりする。どこか懐かしい…そんなところが刺さったのだろう。

 

・「傘をさす先輩」カントリーガール

www.youtube.com

 

「恋泥棒」「愛おしくってごめんね」と明るい王道アイドルソングのイメージがあるカントリーガールズだが、こういったウェットな曲こそ彼女たちのポテンシャルが発揮されるのだと。

歌いだしの小関舞ちゃんが本当に泣いてるんじゃないかというくらい悲しい。

 

彼女たちはとにかく”演じる”能力が高い。MCやDマガ、とにかくカントリーガールズは理想のアイドルのイメージを崩さないために徹底的に仮面かぶっている。というと語弊があるかもしれないが…ももちイズムは完全に継承されているのだろう。

その演技力は当然楽曲にも還元されており、ぱいぱいでか美氏もアイドル三十六房で言っていたが「楽曲に入り込む能力」が異常に高い。

 

作詞の福田花音先生…”まろ”の覚醒っぷりもすごい。言葉選びも綺麗だしメロディとのリンクもエモい。今後も期待である。

 

・「A gonna」モーニング娘。'18

www.youtube.com

・「Are you happy?」モーニング娘。'18

www.youtube.com

この2曲に関しては半年くらい前に書いたブログと外部レビュー(記事内リンク)参照↓

vai3042.hatenablog.com

 

Are you happy?はTV出演でも聞く機会が多く、新規ファン層を開拓したのではないだろうか?

いや、A gonnaのほうがウケがいいだろなんて思ったりもしたが今のモーニング娘。のソリッドさを伝えるのにはうってつけの楽曲だったように思える。なんせゴリッゴリだから。

FNS歌謡祭のダパンプとのコラボ後のマッシュアップメドレーには感動した。もっと世間はモーニング娘。を正当に評価すべきなのである。彼女たち、並びにハロープロジェクト関係のクリエイターは本当に凄い。

www.youtube.com

 

 

・「雪のプラネタリウムつばきファクトリー

www.youtube.com

 

イントロがちょっとシューティングゲームのBGMっぽくてツボだったりする。つばきの曲は結構シンコペーションが多くてそこが個性になっている部分もあるのかなって思う。要するにアニソンっぽい。

雪と言っても寒々しい感じじゃなくどちらかというと清涼感が強い。季節も相まって結構聞いた曲なので好きです。

 

つばきのユニゾンって重厚…とかではないんだけどシンセ馴染みがいいというか…すっきりしていて聴きやすいし胃もたれしない感じがする。歌声もグループイメージ通りで最高だと思います。

 

 

 

 

長々書いてきたがキリがないのでこの辺にしておこうと思う。雑煮の話とかし始めたら1万字を軽く超える自信がある。

ちなみに推しメン投票は小田さくらに入れました。

 

今年もハロプロに繁栄あれ。ばいちゅん!